スイスフランの政策金利は? スイスフラン(CHF)FX・スワップ金利とトレードで稼ぐ為替投資

スイスフランと政策金利

スイスフラン政策金利は、スイス国立銀行が定めるロンドン市場LIBOR3ヶ月物の誘導目標中央値です。

2008年3月現在のスイスフラン政策金利は2.75%となっています。

この数値は、スイスのインフレ圧力は高まっているものの、経済見通しの悪化を考慮し、金融政策を変更しないとの見解から、政策金利もそのまま据え置きされたものです。

スイスフランのインフレ予想としては、原油価格高を理由に上がっています。

世界経済の不透明さが尾を引きますが、スイスフラン政策金利の利下げの可能性は明確ではないにしろ、将来的には利下げの含みのある声明でした。

この数値は、先進国の政策金利の平均4%よりも低い設定ですが、日本の0.5%と比較をすると、スイスフラン政策金利が高くなっています。

安定した通貨としてのスイスフランですが、政策金利の動向が気になるところです。

スイスフランの金利とは?

スイスはヨーロッパに位置していますが、ユーロを導入していません。
また、永世中立国なので政治的中立性から、伝統的に安全な通貨として広く認知されています。

スイスフラン金利は2.75%です。

低金利といわれる部類ですが、日本の金利の0.5%と比較すると、高く感じます。

それでも、スイスフラン金利は先進国の中では日本に次いで低いです。

ただ、景気は拡大傾向にあり、日本との金利差も広がってきていますので、スイスフラン金利の動向には要注目です。

FXにおいてもスイスフランの通貨での取引がありますが、過去に紛争やテロなどの地学的リスクが発生する場合、「避難通貨」として変われる傾向にあり、特に2001年9月のアメリカ同時多発テロ後は、スイスフランが買われました。

このように、スイスフランの立場が特殊です。