スイスフランの為替レートは? スイスフラン(CHF)FX・スワップ金利とトレードで稼ぐ為替投資

CHFの為替は安定感あり

FXなどで使われるスイスフランの略称はCHF。

CHF為替レートは安定しています。

低金利のCHFは、キャリートレードの対象となることが多いのが特徴です。

CHF為替レートは、2008年3月14日にアメリカドルと同じレートになりました。

現在の為替レートは、1CHFは約100円での推移となっています。

FXにおいて、CHF/JPYは、細かな動きをしますので、損益の幅は小さく、安全なFXといえます。

CHF/JPYの2007年の変動率は9%台で、高値で101円、安値は92円となっています。

有事の際にCHFは買われる傾向にあり、CHFが急上昇している為替のときは、世界のどこかで何かが起こっているともいえます。

CHFのレートをみよう

CHFとはスイスフランのことです。

日本円とのレートは現在、1CHFは約100円となっています。

世界情勢悪化のたきに、安全通貨であるCHFが変われる傾向があるので、急伸をたまに見るCHFレートですが、普段は静かな推移です。

レートの急激な変化がないためCHF/JPYのFXなどは、大きな儲け狙いの賭けは少ないものの、手にしていれば、確実というトレード派には安心なペアとなっています。

低金利な通貨のCHFですが、日本の金利0.5%よりも2%以上の差がありますから、FXにおいてもスワップも長期保有で、ちりも積もれば山となるという感覚です。

レートが安定していて、急落急伸もなく、国自体も安定しているCHFということですから、外貨預金などでも資産倍増にはいいかもしれません。

フランのレートといえばスイスフラン

レートとは毎日変わります。フランというとスイスフランが一般的ですが、現在の1フランは約100円となっています。

分かりやすい切りのいい数字です。

レートは、投資をしている方にとっては、とても大切な数字ですし、輸出入に関係のある企業にとっては、会社存続に関わるものでもあります。

フランレートについては、あまり大きな局面もなくチャート的にも穏やかです。

ただフランの特徴として、退避通貨として、世界情勢が危うくなったり、急激な為替相場の際には、フランが買われ上昇をすることがあります。

ですから、米国などで大きなニュースが起きたとき、フランレートが上がると知っておくと、フラン投資にはとても役に立ちます。

サブプライム問題の際にも、そんなチャートがでていました。

スイスフランと外貨両替をする場合

外貨両替の場合、その日のレートや金融機関によっても変わってきます。

日本で外貨両替というと、ドルやユーロなどが一般的で、都会以外でも両替が可能ですが、スイスフランとなると、地方の町ではなかなか難しいものがあります。

しかし、スイスフランが必要なときは、成田空港で外貨両替も可能です。

また、手数料も随分と差が出ますので、スイスフラン外貨両替の際には、いろいろ問い合わせてからの行動がいいようです。

現在、1スイスフランは約100円での推移ですが、外貨両替のときは、日本円→スイスフランは約105円くらいになっています。

また、必要なくなったスイスフランを日本円にするときは、1スイスフラン95円くらいとなっています。

為替レートから見るスイスフラン

スイスフラン為替レートをみるためには、いろいろなサイトがあります。

投資の中では、比較的なメジャー通貨ですから、スイスフラン為替レートを探すのは安易なことです。

2006年時点で1スイスフラン約90円で、2008年3月現在は約100円。

2年間で10円の上昇の為替レートというのは、穏やかなというべきでしょう。

乱高下や急落急伸ということはなく、淡々としたスイスフラン為替レートです。

世界的な為替動向に逆らうことはなく、たまに急な動向はあるものの、世界通貨の退避通貨としての位置づけのスイスフラン

その存在としては合格の為替レートとなっています。

スイスフランを両替

両替でどうしてもかかってしまうのが手数料。

少しでも少なく押さえたいというのが本音です。

銀行やJPなどてスイスフラン両替をする場合も避けられないものです。

スイスフランは、大きな金融機関で取り扱いをしていますから、トラベラーズチェックという手もあります。

また、あらかじめ外貨預金を作っておくという方法もありますが、いずれにしても両替にかかる手数料はあります。

スイスフラン両替をする場合、日本か現地かという選択ですが、金融機関なら、どちらもあまり差はないですが、現地の両替所というのもあります。

しかし、よほど現地に詳しくないとレートなどのことで面倒なことになりそうです。

一度円をドルやユーロに両替してからという手もあります。

現在1スイスフランは約100円。わかりやすい数字です。

穏やかなスイスフラン為替

中立国であるスイスの銀行は、顧客情報を誰にも漏らさない「守秘義務」があることで知られています。

そのため、海外の顧客からも信頼は厚く、多くの資金が預けられているようです。

スイスフラン自体の金利は低いのですが、安全性の高さから「リスク回避用の通貨」として買われることが多いようです。

その安心感から、スイスフラン為替チャートは安定しています。

急伸急落のあまりない為替動向ですが、有事の際には、スイスフランは買われ、上昇の為替動向となります。

穏やかな為替ということですが、日ごろの監視は大切です。

世界のニュースとともに、スイスフラン為替が変わるということもあります。

FXにおいて、短期的な儲けは期待のできないスイスフランですが、為替はどう変わるかわかりません。

安全安心な通貨のスイスフラン、気に留めておくのもいいでしょう。

スイスフラン/円の為替レート

現在スイスフラン為替レートは約100円。

この円為替レートで、約をつける数値なら、スイスフランの場合、2007年はずっと100円前後ということがいえます。

スイスフラン/円為替レートは、比較的静かな推移です。

が、98円と100円と2円の差でも、100円台ということになると、心理的には変わってきます。

スイスフランは、ユーロと同じように値動きをしますので、スイスフラン/円はユーロ/との連動性が高く、安全性が高いということもあり、円為替レートが高いときは、為替差益が狙えます。

スイスフランは低金利ということで、FXで資産倍増とお考えの方には不向きかもしれません。

しかし、スイスフラン/円為替レートのタイミングを計って、FXをしていると、もしかして、ということがありますので、中長期保有にはいいペアだと思います。

スイスフラン/円レートが上昇すると…

2008年のスイスフラン/円レートは97円から始まりました。

それから3月にかけて、スイスフラン/円レートは上昇しますが、これは前年より世界を駆け巡るサブプライム問題の余波です。

ドル安に泣く為替相場ですが、こんなときにこそ上昇するスイスフラン

有事の際に、逃避通貨としてスイスフランが存在をが強調されます。

そしてスイスフラン/円レートの上昇となります。

それは一時的なものであり、本格的なスイスフラン/円レートの上昇と見るには早計かもしれません。

しかし、根の深いサブプライム問題ですから、ひょっとしたらこのままスイスフライ/円レート上昇になるかもしれません。

スイスフランとアメリカドル

ドル/スイスフランと円/スイスフランは逆の動きをします。

ドル/スイスフランは安定した通貨ペアでなくなりました。スイスフラン金利上げと米ドル金利下げ観測から、スワップ金利は縮小していくでしょうし、ユーロ/スイスが超安定しているので、つられてスイスフランも高くなりがちです。

ドル/円とドル/スイスフランの相関関係がからり薄いように感じるのは、ユーロ/スイスフランが安定しているので、ドル/スイスフランの値動きは実質的にユーロ/ドルをみているのと同じだと思います。

ドル/円とユーロ/ドルは逆相関が多いので、そう感じるのだと思います。

このところのサブプライム問題により巻き戻しについては、ドル/スイスフランは他通貨ペアに比べて安定していましたが、影響がなかったわけではありません。

スイスフランのレートはどうかな?

2008年3月14日、スイスフランとアメリカドルが同じレートとなりました。これは歴史上初の出来事です。

2001年の米国同時多発テロ以来、避難通貨として地位は高まっています。

それだけ安全なスイスフランレートということになります。

スイスフランの特徴といえば、低金利通貨なため、日本円同様キャリートレードとして使われています。

レートの変動要因としては、隣国のドイツが最大の貿易先であることから、ユーロ圏の経済動向に影響を受けやすい傾向にあります。

スイスフランレートは比較的穏やかですので、FXを行う上では、低金利通貨であるため、他の高金利通貨とペアで長期でのスワップ益狙いとなるでしょう。

うまくスイスフランレートに乗れば、為替差益でのFXも楽しいものになります。

スイスフランの為替レートは穏やか

過去10年間のスイスフラン/円の為替レートをみてみると、2000年に60円という数字があります。

現在、1スイスフランは約100円ですが、為替レートの推移は、緩やかな上昇と見ることができます。

2001年に10円以上、極端に上昇していますが、これは9.11の米国で起きたテロのときで、テロなどの世界的な緊張時に、逃避通貨としてのスイスフランが上昇ということを象徴しています。

過去1年間でのスイスフラン/円の為替レートは、94円〜102円ということですが、世界同時株安時につけた94円以外は穏やかな為替チャートとなっています。

スイスフラン/円の為替レートを見る限り、安定した為替レートとなっています。

世界が平和なら、穏やかで、世界が不安定なら、急落急伸というスイスフラン為替レートは、平和の指標というところでしょうか。