スイスフランのチャートは? スイスフラン(CHF)FX・スワップ金利とトレードで稼ぐ為替投資

スイスフラン/円のトレード

低金利で安全な国、スイスフランの共通点です。

とはいっても、スイスフランの2.75%、円の0.5%の金利は2%以上の開きがありますが、他の国と比較をしても低金利といえます。

このようなスイスフランは、キャリー通貨としての顔があります。

金利の低い通貨で資金調達して、金利の高い通貨で運用して利ザヤを稼ぐ手法です。

もう一つ安全な国にスイスフランは取り上げられ、安定感という面で、スイスフランなどは急激なドル安などのときは、スイスフランに買いが一気に入るという現象もあります。

こういった感じですから、スイスフラン/円のFXの場合、スワップ金利はほとんど期待できません。

スイスフラン/円のFXの場合は、世界情勢を見ながらのトレード派の方がいいかもしれません。

スイスフランFXにはリアルタイムチャート

スイスフラン投資をしていると、必ず目にするのがリアルタイムチャート

スイスフランFXの場合、約24時間休まず動くものですから、リアルタイムチャートは心強い資料となります。

日本時間はもちろんのこと、日本で夕方から始まるヨーロッパ時間のスイスフランリアルタイムチャートは、日本の昼間よりも動きが活発になります。

とはいっても、スイスフランは他の通貨に比べ、静かな動きですが、スイスフランをホールドしている場合は、スイスフランリアルタイムチャートに目がいきます。

24時間寝ないで監視というわけにはいきませんが、スイスフランFXを成功させるためにもリアルタイムチャートを活用し、うまく儲けを出したい、誰もがそう思います。

リアルタイムチャートを大いに活用しましょう。

スイスフランの動きをグラフでキャッチ

投資をする上で、グラフ化された情報は大切なツールとなります。

例えばスイスフランの日足、週足チャートなどのグラフは、見ていてその推移が分かります。

また、チャートグラフには、テクニカル分析などのグラフを書き込むことにより、より詳しい戦略をたてるのに非常に便利になっています。

あまりチャートグラフに変化のないスイスフランですが、グラフチェックはすべきです。

リアルタイムだけではなく、あとから辿っていくスイスフランの動向にもグラフ分析は、これからのスイスフラン投資対策には欠かせないものになります。

スイスフラングラフは、サイト検索が出てきますから、ご自分に合うスイスフラングラフを探すか、作成してみるというのもいいでしょう。

スイスフランの日足チャートで売買チャンスを見つける

日足チャートは、1日の値動きを1つのローソク足で表現したもので、 日々の細かい動きから売買タイミングをチェックするのに使います。

株と違い、スイスフラン/円のFXの場合は、1日の定義が各自相違がありますが、これは個人での判断になります。

為替動向によって、スイスフランの買い時をチェックのときは、日足チャートがいいですが、長期的な値動きのときは、月足チャート、株価トレンドのときは、週足チャートがいいようです。

FXの場合、ほぼ24時間稼動していますから、ご自身で見られる時間の日足チャートのチェックで売買タイミングを探しましょう。

スイスフランの場合、急激なドル安などで、避難通貨としての価値があがりますから、日足チャート、月足チャートを使い分けをするのも大切なことです。

週足チャートでトレンドの流れを押さえ、うまくチャートの波に乗ることが、スイスフランFXの成功の鍵です。

スイスフランの値動きに注目

安定したチャートで定評のあるスイスフラン

普段の値動きはあまりなく、スイスフランは投資先としては、安全地といった感じです。

実際に、活躍するのは、急激な為替動向のときや有事の際で、スイスフランの安定さを求めて買われ、値動きが激しくなります。

2008年もまたサブプライムローンに揺れた世界の中で、スイスフラン値動きが激しくなっていました。

スイスフランの金利そのものは低く、値動きもあまりないので、短期的なトレードは難しいので、中長期的な投資に向いています。

有事の際に安全なスイスフランへ逃避するというのが一般的なスイスフランの立場ですが、静かな値動きのチェックだけはしておいたほうが、いざというとき、役に立ちます。

スイスフランのレートチャート

レートチャートは為替の命綱といわれる情報です。

各通貨のレートチャートはyahooなどの為替情報で調べることができます。

マイナー通貨ですと、レートチャートが表示されない場合が多いですけれど、スイスフランレートチャートは、比較的安易に見ることができます。

スイスフランレートは現在約103円前後。

チャートの変化率としてはスイスフランは穏やかな曲線で、横ばいという表現がぴったりで、2007年のレンジ幅は5円程度でした。

FXにおいて、このスイスフランは魅力的ではないようですが、他の通貨チャートとの関係から大きくチャートが変わるときもあります。

スイスフラン/円を保有していればこそのことですが…。

スイスフラン等のチャートレートの予想は極めて困難です。

だからこそ、FXは魅力的なんです。

スイスフランをリアルタイムでみてみると

FXをされている方で、便利なツールとして、リアルタイムチャートがあります。

今まさに、自分が保有している通貨ペアがどうなっているか、気になるものです。

刻々と変わるリアルタイムチャートを目にし、マウス片手にFXという方も多いでしょう。

このリアルタイムチャートの動きが比較的ゆっくりなのがスイスフランリアルタイムチャート。

レンジの幅も小さく、変化の少ないスイスフランのチャートですが、リアルタイムチャートの存在は必要です。

世界の通貨は何かしらの繋がりがありますから、スイスフラン以外のリアルタイムチャートのチェックも必要です。

スイスフランはどの通貨ともチャートは穏やかですが、突然上昇というときは、世界的な大きなニュースがあるときです。

スイスフランの為替レートとチャートの変化

スイスフラン為替レートは現在約103円前後で推移しています。

スイスフラン/円の為替チャートは、比較的安定しています。

2006年に90円のスイスフラン為替レートでしたが、ゆっくりと一年かけて100円〜103円になるチャートとなりました。

避難通貨として、安定しているチャートスイスフランですから、暴騰などのいわゆる面白いチャート展開は期待できません。

また、ですから、為替レートの急激な変化というのもありません。

ところが、避難通貨としての本領発揮となるのが、有事時。

安全なスイスフランへ世界の通貨が集まってきますので、為替チャートは右肩上がり、為替レートは暴騰となります。

スイスフラン/円FXとしての魅力は為替レートを利用した短期トレードではなく、緩やかなチャートを観測する上での為替差益狙いか、有事狙いでしょう。

スイスフランの為替変動チャートが激しくなるときは…

スイスフラン100円前後を行き来するスイスフラン為替変動チャート

為替チャートが大きく変動するときは、世界的な有事が起きたときといわれています。

金利が安いことと為替チャート変動があまりないことから、スイスフランはスワップ狙いや一攫千金の対象にはなりません。

スイスの輸出先は欧州、特にドイツが多いので、ドイツ経済の変動スイスフラン為替チャートをにぎわす場合があります。

日本円と同じようなキャリートレードの対象となるスイスフランは、為替変動チャートを注視するということはあまりないかもれません。

ただし、ユーロが下落すると、相対的にスイスフラン高となるので、金利動向には注意が必要かもしれません。

安定、安全というイメージの強いスイスフラン為替チャートが大変動するときは、大きなニュースがあるという目印です。

スイスフラン/円チャートの動向

スイスフラン/円チャートは、サイトでも検索をすると出てきます。

ドルやユーロほどメジャーな通貨ではありませんが、低金利のスイスフランは、キャリートレードでFXでは活躍をし、日本円と同じような立場にあります。

ですから、スイスフラン/円を取扱う業者は多く、チャートもあちこちで目にします。

2008年に入り、サブプライム問題が騒がれ、穏やかな推移だったスイスフランのチャートが、上昇をしています。

3月には、ドル安で、それまでスイスフランとは20円くらいの差がありましたが、ドルとスイスフランは100円前後と、差がなくなっていました。

世界で何かが起こるとスイスフラン/円は上がるというチャート。そのとおりの展開のスイスフラン/円チャートとなっていました。

急騰、急落はあまりないといわれるスイスフラン/円チャートですが、こればかりはわかりません。

世界を揺るがす大ニュースが起きたとき、このチャートは上へ上へと動き出すでしょう。

有事の際にはスイスフランの為替チャートをみよ

世界で最も安定した通貨のひとつがスイスフランです。

それは、永世中立国のスイスは政治的中立性から、伝統的に安全な通貨としてもスイスフランは広く認知されており、戦争や紛争が発生すると、安全な避難先通貨としてよくスイスフランが買われるためです。

ですから、普段のスイスフラン為替チャートは静かに推移しています。

FXにおいて金利狙いで投資するような為替チャートではありませんが、最近は「退避通貨」のひとつとして、米ドルが売られる局面でスイスフランが買われる傾向にあります。

スイスフランもユーロと同じような為替チャートの特徴があります。

スイスフラン/円はユーロ/円との連動性が高く、安全性が高いので、スイスフラン安、円高時の為替チャートでうまく狙えば為替差益が期待できます。

スイスフランは有事で買われる場合は短期的な為替チャートの動きをします。

スイスフランはユーロ圏への経済依存度が大きく、対米ドルでは同調した為替チャートの動きをとることが多いのも特徴です。

スイスフランチャートは上がると危険?

現在、1スイスフランは約101円でのチャートです。

安定通貨としてのスイスフランですから、チャートの波を見ても穏やかです。

そのことにより、スイスフランの特徴はスイスの政治的中立姿勢を反映しての危険避難通貨の側面です。

従って世界的なマネーロンダリング対策の強化に伴い昔日のような秘密主義はさすがに揺らいでいるが、世界的に戦争やテロで緊張感が高まるとチャート上昇傾向になります。

月足チャートで見るスイスフランで、2002年では70円をつけています。

それからゆっくりと年月をかけて、2008年に100円のチャートとなりました。

世界的な経済状態に引っ張られたとしても、それほど大きな動きはないチャートですが、有事の際には、この安定感のあるスイスフランチャートがじわじわとあがり始めます。