スイスフランで投資するには? スイスフラン(CHF)FX・スワップ金利とトレードで稼ぐ為替投資

スイスフランFXの魅力

FXとは、少ない資金で大きな外国為替を取引するものです。

ネットトレードの普及とともに、FXをする人は多くなっています。

スイスフランを取扱うFX業者はとても多く、手軽に始められます。

FXの魅力の一つにスワップ金利がありますが、FXを行う2つの通貨間の金利差によって損益が出る金利です。

スイスフランの場合、2.75%という低金利ですから、高金利の通貨とのFXにおいて、スワップ金利が多く得られる場合があります。

残念ながら、同じの低金利の日本円との通貨ペアですと、スワップ金利がっぽがぽというわけにはいきません。

FXはスワップだけではなく、売りからも買いからも取引ができますので、チャートと金利をよく見てスイスフランで利益が出るペアを探してみてください。

資産運用術 スイスフランの場合

スイスフラン資産運用術ということになると、外貨預金、FXがあります。

リスク面での資産運用術では、単純に考えると外貨預金のほうが少ないといえます。

スイスフランは、為替チャートは穏やかに推移しますから、FXにしても大きく儲けが出るというのではないので資産運用術にはあまり有効的ではないかもしれません。

外貨預金の場合、金利が高い方がいいです。低金利のスイスフランですから、金利だけを見ても資産運用術には不向きのようですが、カントリーリスクの低さからいくと、確実に金利分は手にできます。

それでも手数料の関係から、スイスフラン外貨預金は為替のタイミングによって、資産運用術がうまくいきます。

有事の際に回避通貨としてのスイスフラン資産運用術として、FXを使う場合、もしかの時があり大きく儲けが出るということも考えられます。

いずれにせよ、外貨預金、FX、どちらも手にするというのが資産運用術です。

スイスフラン預金について

預金と聞いても利息は期待ができません。

でも、外貨預金なら、日本円よりも利息に関しては高い可能性があります。

ドルやユーロは有名ですが、スイスフラン預金はいかかでしょう?

金利的には高くはないスイスフランですが、安定感で言えばピカイチです。

外貨預金は為替が関係してきますから、相場によっては、外貨預金の場合は、元本割れの心配もあります。

日本円の金利よりは高いスイスフランの安定した為替の外貨預金で、資産運用はどうでしょう。

外貨預金を取扱う金融機関で、スイスフランの外貨預金はできます。

FXや株などで資産運用は一寸怖いという方にも、スイスフランの外貨預金、オススメです。

スイスフランでFXはどう?

スイスフランFX攻略として、金利が低いため、スワップ狙いは難しいです。

スイスフラン/円でのFXの中長期保有などには向かないと言われています。ただ永世中立国ということで、有事の場合スイスフランの安定性が大きなメリットとなります。

金利も安いので、スイスフランFXで、高金利通貨を買うのに利用されます。

スイスフランFXの保有体制としては、長い目で複数年単位での方法で、スワップではなく、為替差益が微増するという状態にあります。

値動きもない安定したスイスフランですから、暴騰もあまりないのが現状です。

現在、1スイスフランは約101円でのFX取引となります。