スイスフランとは? スイスフラン(CHF)FX・スワップ金利とトレードで稼ぐ為替投資

通貨『CHF』

CHF(スイスフラン)の最大の特徴は、リスク回避通貨という点です。

そのため、CHFは国内の経済状況よりも海外の出来事によって変動しやすい通貨です。

テロや有事などで世界が不安定な状況に陥った時には、世界中から通貨がスイスに資金が流入するため、CHFは押し上げられます。

スイスは世界第4位の金保有国であること、金は究極の安全資産であることなどから、CHFは金と連動して動きやすくなります。

世界が不安定な時には、金とCHFは上昇しやすくなります。

先進国の中では円と並んで2.75%と低金利であるCHFは、キャリー取引の調達通貨として使用される通貨のひとつです。

注目される経済指標は、スイス経済の6〜9カ月先の景気見通しを示す「KOFスイス先行指数」や「失業率」「消費者物価指数」「貿易収支」などです。なかでも「KOFスイス先行指数」が注目されています。

スイスフランの特徴とは?

危機的な政治経済情勢になると投資家は資金を増やすことよりも維持することに関心を持つ傾向にあります。

このような時期はスイスフランの成長性に関係なく優れた「退避通貨」として、スイスへ資金が流れスイスフランが押し上げられる特徴があります。

スイスは世界4第位の金保有国です。

また、かつてスイス憲法には通貨の40%を金準備によって裏付けることを求める条項が存在していました。

そのイメージが今も投資家の脳裏に刷り込まれている傾向があります。結果として金が上昇すればスイスフランも上昇する可能性が高いのが特徴です。

先進国の中で最も低い金利のスイスフランはキャリートレードに使用される人気のある通貨なのも特徴の一つです。

このようにスイスフラン特徴として、低金利、金などというものがあります。

この特徴を大いに活かし、スイスフラン投資をすることです。

スイスフランとは?

スイス・フランは、スイスとリヒテンシュタインの通貨。略称CHF(Confoederatio Helvetica Franc の頭文字)。

補助単位はラッペンまたはサンチームで、1フラン=100Rp./ct.。

スイス・フランは国際金融市場において、イギリス・ポンド、ドイツ・マルク、フランス・フランと並ぶ重要な通貨でしたが、欧州連合統一通貨ユーロの誕生後は、ユーロ圏に浮かぶ孤立した島のような状態になってしまいました。

とはいえ、スイス・フランの重要性はいささかも変わっていません。

国際社会におけるスイスの地位により、「金よりも堅い」といわれるように、世界で最も安定した通貨の一つとしてスイス・フランは知られています。

スイス・フランの歴史は、1848年スイス連邦成立の時、各カントンでばらばらであった通貨を統合し、スイス・フランが制定されました。